GAIQに興味をもった人が最初につまづきやすいところ。~東京キラキラ業界OLの節約、婚活、スキルアップ奮闘記~

このブログは東京一人暮らしのOLがGAIQに挑戦した毎日を綴ったブログからスタートしました。(※2017年1月にGAIQに合格しました。)30代でキャリアチェンジを果たした努力型。見た目はキラキラ業界のOLですが裏側で節約、婚活、スキルアップに奮闘!薄給に見せずに輝くことをモットーにしています。

GAIQの受験の仕方って分かりにくいよね?

久しぶりにGAIQネタを。

GAIQの受験の仕方って分かりにくいですよね?

 

そんなわけで今回は受験のフローを記事にします。

Gmailのアカウントを持っていることを前提とします。

 

1.まずGoogleで 「GAIQ」を検索して検索結果の赤い枠内をクリックします。

20170724214747

2.右上の「GOOGLE PARTNERS」と書かれた赤い枠内をクリックします。20170724214743

 

3.認定資格の下にある、赤い枠内の「Analytics」をクリックします。

何を隠そう、私はこの画面で迷いました。

「GAIQを受験する方へ」と案内があれば分かりやすいのですが、そもそもGAIQという名前の資格はないのです。

そしてこの画面の解釈が分かりませんでした(汗)。

この画面は「Google Partnersに登録したいなら、GAIQ(Analytics)を受験して合格しなさいよ。」と言っているのです。

 

20170724214739

4.受験開始画面が表示されます。

 

20170724214735

 

ここから受験開始です。

GAIQは出題範囲が広いです。

GAIQの対策問題集はネットで販売されていますが

1.自分でサイトを運営して

2.実際にアナリティクスを触りながら

3.知らない機能を調べて

4.受験し、分からない単語が出て来たら

5.Googleで検索したり、

6.Googleが公開している動画を見て

7.再度受験する

という学習の仕方が王道だと思います。

今後も学習を継続しようと思います。